2015年10月29日木曜日

フィリピンレポートと編み物会

10月24日(土)、フィリピンレポートがありました。

ISAP』という、全国の学生さんによる国際協働プロジェクトが、フィリピンで食育や衛生など、現地のこどもたちへの取り組みをし、その活動報告を団欒長屋のこどもたちにしてくれています。

毎年、フィリピンへ行く前と行ったあとの2回、来てくれます。
若いお姉さん・お兄さんがたくさん遊んでくれるので、団欒っ子も楽しみにしています。

まずはクイズ形式でフィリピンのおさらい。
みんな前のめりでパソコンをのぞいています。



現地のこどもたちと楽しんだゲームを教えてくれました。

こちらは誰がコインを持っているかゲーム。
音楽に合わせてこっそりコインを隣の人に渡していきます。
 これは体の部位をくっつけ続けて、どのペアが最後まで生き残るかゲーム。

団欒長屋1年目、初めて来てくれたときにも、していたようです。
http://danran-nagaya.blogspot.jp/2013/11/blog-post_20.html

2年目は流しそうめんと共催でした。
http://danran-nagaya.blogspot.jp/2014/08/blog-post_18.html

2回目の報告会
http://danran-nagaya.blogspot.jp/2014/10/1025_30.html

そして今年、行く前のフィリピンイベント
http://danran-nagaya.blogspot.jp/2015/08/blog-post_18.html

徐々にこどもの人数も増え、気が付けば団欒長屋も3年目。
こうして他団体さんと共催の恒例行事ができるのも、ありがたい限りです。

フィリピンに発つ前に、団欒のこどもたちが描いた絵と交換に、今年もフィリピンのこどもたちが、将来の夢などを描いてくれました!

お昼は東南アジアではポピュラーな、ご飯に蒸し鶏を乗せたワンプレートランチをいただきました。

午後からは、編み物に挑戦です!

私の小学校からの幼馴染、“たけ”にアクリルたわしの作り方を教わりました。

かぎ針の編み物は細かい作業だし、1年生もいるなかで、正直最後まで飽きずにできるか・・・

すぐに放り出してしまうんじゃないかと心配していたのですが、見事に予想を裏切ってくれました。



「先生~、ここどうすんのー?」
「次はどうやんの?」
と質問攻めにしつつ、すごい集中力で最後まで編み上げてしまいました!

「3時のおやつやけど・・・みんなどうする?」
「ちょっと休憩していいねんで?」
とこちらがためらってしまうほど。

キレイにラッピングして、お母さんへのメッセージまで添えて、満足気に持って帰りました。

こちらもまた、恒例行事にしていきたいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿