2015年12月15日火曜日

 竹炭焼き実験と竹ごはん作り@千里中央公園

12月5日(土)、快晴の中、久しぶりのお出かけ学童保育でした。
環境交流センター主催の「自然ふしぎ発見クラブ」、今回は竹炭焼き実験と竹ごはん作りに挑戦しました。
人気のイベントらしく、たくさんの親子が参加していました。

まずはオリエンテーリングから、みんなで薪を拾い集めて、






かまどに火を入れます。
みんな涙目になりながら、うちわであおいでました。

竹炭焼きの一斗缶をセットしつつ、竹筒にお米とサツマイモを入れた竹ごはんも炊きます。










待ってる間に、竹細工のワークショップ。
やすりできれいに角を取って、マイ箸を作りました。

職人のようにひたすら研ぎあげます。












自分で選んだ竹を好きなサイズに切って、コップも作りました。
かまどでちょっとあぶると、竹のきれいなつやが出ました。












そしてお待ちかね、竹ごはんが炊きあがりました!
すっごくいい匂い~!!

もち米でも入ってるの?と言いたくなるくらいモッチモチで、竹の風味がしっかりついたお米と、あま~くてホクホクのサツマイモが、絶品でした!










青空の元、みんなで作って食べるから、なおさらおいしい☆
みんなおかわりしちゃいました。

竹炭焼き実験も成功し、お土産に竹炭を持たせていただきました。

すごく楽しくていい企画でした。またぜひ参加したいです。








午後からも、子どもたちはお楽しみがありました(中にはこちらをメインに考えていて、まだ?とソワソワしてる子もいました)。

そう、巨大ローラー滑り台です。
団欒でも自作の段ボールそりを持って、何度か来たことがありますが、キャーキャーと楽しそうです。

大人が滑ると、ものすごいスピードがつく上に、お尻が焼けそうなくらい痛い!
でも楽しい!
芝生もあって、逆立ち・側転などしたり、ハンカチ落としをしたり、四葉のクローバー探しをしたり。

この日、久しぶりに来てくれたボランティアの近藤さん。だいぶハードそうでした。


これは柿の実を取ろうとしているところ。
みんなで知恵を出し合って、ノッポの近藤さんも頑張ってくれたのですが、取れませんでした。
そんなにみんな柿が好き?と言いたいくらい、粘ってました(笑)
きっと取れたら満足なんだろうね。


本当にいいお天気で、楽しい1日でした。
やっぱりお出かけ最高!







0 件のコメント:

コメントを投稿