2014年4月3日木曜日

ほうれん草、収穫しました!

3月29日(土)、ほうれん草を収穫しました。

約4か月前に種まきをして(詳しくはコチラ)、芽が出て、ずっと成長を見守ってきましたが、ここ何日かで急にわさわさと葉っぱが茂りだしました。

いよいよ収穫。感慨深く、ワクワクする瞬間です。

みんな次々に抜いては、土を落としてくれました。
とってもしっかりした根っこで、見るからに美味しそう!

しっかり洗ってざく切りにし、水気を切ります。

市販のものより緑色が薄い分、ほうれん草独特のエグみがなく、生でも美味しく食べられました。











この日は午前中から公園に行って、たっぷり遊んだあと、3時のおやつに「カリカリチーズとほうれん草のチヂミ」を作って食べました!

しっかりほうれん草の味がして、大成功でした。
たくさん作ったので、お土産にして持って帰ってもらいましたよ☆

収穫したあとの畑は、格好の砂場遊びになりました。お迎えに来たお母さんを帰してまで、トンネル掘りに熱中する子どもたち。

保育や教育というのは生活の中にあって、連続したものです。でも団欒学童舎は、基本的に週に1度だけ。イベントばかり断続的に行なっていては、見えてこないものもあります。

でもこうして種まきから食べるところまでの過程を共有できる。トンネルを掘っても、翌日の雨で崩れ、翌週また作ることができる。

連続性を感じることができるのも、私たちが畑をやる意味のひとつなのだと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿