2014年9月18日木曜日

【3号】9/13(土) カメラをもっておさんぽ&取材依頼

9月13日、この日は第二土曜日ということで、豊中市は学校の学童保育があり、加えて連休初日ということもあり、こども記者の参加はごくわずか。
こぢんまりと始まりました。

まずは3号のテーマ、「記事広告」とは何か?
ベテラン記者でもある大人スタッフさんが、わかりやす~くお話してくださいました。
ただの広告と記事広告を見比べて、伝え方が違う、ということがわかってもらえたかな?
また次回もおさらいします。


そして、いざ、カメラをもっておさんぽへ。

おなじみのルートででくわす、おなじみのネコ、りゅうさん。
20歳以上のご高齢にも関わらず、いつも嫌がらずにこどもカメラマンの被写体となってくれます。

撮りまくるこどもたち。確かにフォトジェニックなお顔です。

ここもおなじみになりました、街の電器屋さん『ビット蛍池』の伊藤さん。
ポケモンシールにつられて、いつもこどもたちが表を通りかかるたびに、シールやらアメちゃんやらくれます。

3号の取材依頼に快く応じていただけることになりました☆

 そしてここも、以前/から取材をお願いしながらも、タイミングが合わずだった八百屋さん。

京都から採れたての野菜を運んできて、毎週土曜日にコミュニティカフェ『ココカラ』の軒下で販売されています。

3号に出ていただけることが決定しました。


真っ赤な色をした、見た目辛そうな唐辛子や、ひょろ長い長茄子など、生でかじらせていただきました。

こどもたちも恐る恐る・・・おいしい!


ということで、次回9/27は取材です!





0 件のコメント:

コメントを投稿