2014年9月22日月曜日

大阪市立科学博物館&保護者会しました。

9/20(土)はお弁当いらんDay+遠足+保護者会でした。

「今日はお弁当作っておでかけして、夕方からお母さんも一緒にご飯食べるんやろ?楽しいことばっかりやなぁ!」と、いつもと違うスケジュールに、こどもたちも興奮ぎみ。
お迎えが来て終わりではなく、夕方からもお母さんのそばにいながら、みんなと夜まで遊べるのが楽しみで仕方ない様子です。

お弁当はおにぎりと卵焼きを自分たちで作って、あとのおかずもそれぞれのお弁当箱に詰めました。

お財布からお金を取り出して、自分で切符を買ったり。
小さなことですが、普段は親が全部やってしまいがちなことを、「自分でやってみる」という経験を重ねて、生活力をつけていきます。

この日の遠足は、ボランティアの近藤さん企画。人の多い梅田駅での乗り換えも、しっかり下見してくれて、途中、落し物のアクシデントがあったものの、余裕をもたせたタイムスケジュールで、計画通りスムーズに進みました。

展示物を見たり触ったりしたあとは、13時からサイエンスショー。
この日は『水の科学』でした。
「湯気」と「水蒸気」の違い、もうみんな間違えないよね!



14時からはプラネタリウム。
『はやぶさ2 小惑星へ!』を見ました。
興奮して大きな声を出してしまうこどもたちを注意しつつも、大人は思わずスヤスヤ・・・
「寝てたやーん!」と注意されてしまいました。
いやぁ~贅沢なお昼寝でしたよ☆

博物館を出て家路へつく時も、こどもたちはワクワク、ホクホク。
だってお母さんが来てもまだ遊べるもーん!




実は来月で1周年を迎える団欒長屋。
その前に今まで一度もできなかった保護者会をして、もっと働くお母さんのニーズに沿った学童保育に改善しよう、と企画しました。

なんと嬉しいことに、全員参加!兄弟も含めると20人以上になりました。まー賑やかなこと!

お母さんたちに手伝ってもらい、食卓はホットプレート2台でパエリア。ブレーカーが何度も落ちて真っ暗になるたび、こどもたちから歓声が上がっていました。

じっくり腰を据えて交流、というわけにはいきませんでしたが、このタイミングで保護者会ができたこと、本当に良かったと思います。
保護者の方や周囲の方々に協力していただきながら、更に楽しくて嬉しい1年になるよう、頑張ってまいります!

0 件のコメント:

コメントを投稿