2014年7月27日日曜日

【2号】7/26(土) 取材!

夏休み真っ只中の学童保育。みんな疲れが出たり、予定が詰まって忙しかったりで、この日は少人数でした。

でも朝からしっかり勉強、掃除、畑の水やりを済ませ、工作をしました。
すだれに朝顔など、夏らしいものを描いてペタペタ。
みんなとっても上手でした☆



そして畑の夏野菜は収穫ラッシュ!
先週、ヤングコーンの状態で間引いたトウモロコシは、もう大きくなっていました。

キュウリと枝豆もたくさん収穫しました。
枝豆は「ビール専用」と書いてあったのだけれど、子どもたちも大好きなので、プックリした豆だけ取ってもらいました。
キュウリは切ってるそばからつまみ食い☆
でもわかる。そうやって食べるのが、一番美味しいよね~。
お湯を沸かしてから収穫し、ゆがいた枝豆は、ふくよかな味わいで絶品でした!

「止まらへんわ~」と次から次へ、手を伸ばす子どもたち。お弁当も食べようね。
そして午後からは、いよいよ『だんらんしんぶん』2号の取材です。

子ども記者と大人スタッフが揃ったところで、取材先を決めて班分け。
各班で話を聞く人、メモをとる人、似顔絵を描く人、写真を撮る人と、役割分担も決めてもらいました。

何を聞くか、質問事項をまとめたら・・・
恒例の、手作りかき氷!

この夏一番の暑さだったので、最高でした。

さぁ、暑さ対策万全にして、取材へGO!
 
女の子班は、蛍池第一公園のわきにある、赤い貨物車両が特徴の、ラーメン屋さんに。

女の子ばかりで行ったものだから、おっちゃんデレデレです(笑)

初めは恥ずかしいからイヤ!と言っていた子も、堂々と質問してくれていました。

似顔絵も、短時間でまぁよくあんなに特徴を掴んだ絵が描けるなと感心するぐらい、上手でした。




男子チームは、10月に初めて開催される、蛍池バルの主催者さんにインタビュー。

5年生の頭脳派記者さんが、ぐいぐい突っ込んだ質問をしていました。

豊中十八中にて納涼祭の準備の合間に、蛍池への情熱をたくさん語ってくださいました。

お二方には暑い中、子どもたちの質問に丁寧に答えてくださり、ありがとうございました!

またこの日は豊中市役所から、コミュニティ政策室の方が2名、助成金の活動レポートを取材に来てくださっていました。
納涼祭で遊んだあと、大人スタッフの編集会議が終わる9時頃まで、お付き合いいただきました。
ありがとうございました。

さて、これから大人スタッフの作業が忙しくなってきますが、2号ができあがった時の喜びを想像して、今から楽しみでもあります。
頑張るぞ!

0 件のコメント:

コメントを投稿